楽しいを共有できるお店に

潮来市

ながおさいくお

永長郁夫

潮来市出身 潮来市商工会副会長(2020.8.1現在)

一どんな活動をしていますか?

オーナーとして「cafe190」と隣接するコインランドリーの2つの店舗を経営しています。また、お店とは別に潮来市商工会の副会長としてさまざまな仕事に携わっています。

一はじめたきっかけはなんですか?

最初は、コインランドリーだけをやる予定でした。ただ、以前にコインランドリーを経営していた経験から、お客さんからの苦情や何かトラブルがあったときにすぐ対応できるよう、自分が近くにいた方が良いという考えがありました。その考えを実現するため、隣接した場所にカフェを開き駐在することを決め、約2年半前にお店をオープンしました。お店を作る中で、内装の部分は特に力を入れました。自分の力でできる部分は自身でデザインし、オリジナリティのあるカウンターやボルダリングなどこだわりを持って作ったものが多くあります。また、一人で対応できなくなってしまう可能性や周りが住宅街のため迷惑にならないようにするという考えから、お店の宣伝は広く行っていません。そのため、口コミや紹介などのつながりでいらしてくださる方がほとんどです。

  • お店で提供しているカレーは永長さんが一から手作りしたもの。本格的なスパイスを使ったカレーはピリ辛で何度も食べたくなる味わい。

  • 競技者の方に制作を依頼し、本格的な仕様に仕上げたボルダリング。これを登りきるのは素人には難しいだろうが、一度挑戦してみたい・・・

一一番大切にしていることはなんですか?

「自分自身が楽しむ」という気持ちを大切にしてお店をやっています。自分の楽しいがお客さんの楽しいにもつながると考えているからです。同年代、同じ趣味を持つ方がお客さんとして多くいらしてくださいます。お客さんと一緒に「楽しい」を共有できる場所としてのお店作りを大事にしています。

一今後の目標を教えてください

現在、洗濯できる環境(コインランドリー)、飲食できる環境(cafe190)があります。そこに簡易的に宿泊できる場所があれば、滞在してもらえる環境が整い、日本全国からバイクや自転車を利用する人が集まってくるはず。これにより、これまでなかった新しい人の流れが潮来に生まれると思います。そんな流れを作り、潮来に賑わいをつくるために「ライダースハウス」をいつか作ってみたいですね。

※<ライダースハウスとは>
 バイクや自転車などの旅行者を主なターゲットにする比較的簡易的な宿泊施設全般のこと

アピールポイント

手作りで作ったとは思えないほど、精巧な作りをしたカウンター。このオリジナルのカウンターで、お客さんとの交流が生まれ、賑わいが生まれていくのだろう。

-コーディネーター紹介-

来店されたお客さんと楽しそうに話す様子を取材中見ることができた。これが永長さんが目指す「楽しいを共有できるお店」の形だと感じながらその様子を見ていた。楽しいを共有できるお店としてこれから先も多くの人に親しまれることだろう。

<cafe190 店舗情報(2020.8.1現在)>
  住所:潮来市日の出6-1-12
営業時間:11:00~19:00
 定休日:月曜日
  電話:080-1258-3793

ID 潮来市

もりやまけんご

森山健吾

 2018年8月に茨城県潮来市の地域おこし協力隊に着任。同県日立市出身。潮来を知り、さまざまな方と出会う。そこで知った魅力や想いをより多くの人に届けたい。それと同時に、潮来に住む子どもたちが自信を持って潮来の魅力を語れる。そのためのきっかけ作りができればと思う。
 「地元にいながら地元を知らない」。私と同じ状況の人が少なくなりますように…