ようこそ、湯西川温泉へ。 ~ 女将の会 Vol.1 ~

栃木県日光市湯西川温泉

ばん ちえこ

伴 千恵子

 <湯西川温泉 『湯乃宿 清盛』 女将>

もともとご家族で食事処を営んでいたところ、温泉を掘削し日帰り温泉を運営。 お客さまのニーズに合わせ1998年頃に、旅館 『湯乃宿 清盛』を開業。
女将としてお客さまをもてなしている。

現在、湯西川温泉 女将の会 会長を務めている。

一湯西川温泉とは?

壇ノ浦の合戦に敗れ逃れてきた平家落人が、
河原に湧き出る温泉を見つけ傷を癒したと伝えられる歴史の古い温泉です。
温泉地名の由来ともなった湯西川(一級河川利根川水系)の渓谷沿いに旅館や民家が立ち並びます。

湯乃宿 清盛は、「5部屋限定の大人の宿」。

女将に旅館をはじめたきっかけを聞いてみました。

 ー 日帰り入浴といっしょに郷土料理のお食事を提供していました。
   同じように日帰り温泉をおこなっているところは湯西川温泉でも
   いくつかありましたが、時間の経過とともに
   宿泊を営んだほうがよいと思い、旅館の営業を始めました。 ー

  • ▲お昼時にいただくことができる
    『上わっぱ飯』 ・舞茸天ぷら・そば付

    わっぱとは山で働く人々や旅人が
    弁当を入れる為の容器として使っていた
    丸い形をした箱のことです。
    このわっぱにご飯を入れ、季節の野菜や
    山菜などを乗せて蒸しあげることで
    美味しくいただくことができます。

    もともとお食事処を営んでいた湯乃宿清盛。
    昼食のメニューがどれも美味しいのも納得です。

    個人的にはからあげ定食がすごくボリューミーでおすすめです!

  •  ▲『みやびの部屋』

     お部屋の人気では一番とのこと。
     15畳という広さがあるためお部屋全体は
      広々利用することができます。

      また小高くなっている場所に
      お布団が敷かれてあり
      お部屋に着いてすぐに
      のんびりとくつろぐことができます。
     
      温泉に浸かり、お部屋で
      マッサージチェアで癒されながら
      お帰りまでゆっくりプライベートな時間を
      楽しむことができますね。

一一番大切にしていることはなんですか?

従業員という立場ではなく、女将だからできるこだわり。
そんな女将のこだわりを聞いてみました。

 ー お客さまの声を一番に考えています。
   今は、インターネットの予約サイトなどですぐに口コミなどが見れる時代。
   そのためお客さまが仰ることはなるべくすぐに取り込み
   改善に努めています。
   お宿の規模が大きくなると働く人も多くて、ひとりひとりの意識を
   共有することがむずかしいけれど
   ここは家族で営んでいるから、考えを共有し
   臨機応変に対応できるのだと思います。 -

お客さまと女将の距離が近いからこそ、いただいた声はすぐに実践に移し、
次にお客さまが宿へ足を運んでくださったときに
喜んでいただく。
そんな細やかな心遣いが、お客さまを魅了しているのだと思います。

一今後の目標を教えてください

女将の会 会長も務めている千恵子女将。
やりたいことは山ほどあるかと思い、
どんな野望をもっているのか聞いてみました。

 ー 女将の会としては、来春に運行する東武鉄道の新型特急に合わせ、
   日本酒を発表することが一番の目標になっています。

   そして湯西川温泉の雰囲気をお客さまに楽しんでもらえるような
   情緒ある温泉街としてもっと活気づけていけたらとおもっています。
   新たな風を吹き込んでもらうためにも まちから若者を受け入れたり、
   お客さまに楽しんでもらえるような仕組みを常に考えていきたいですね。 ー


そうお話をしながら女将は常に笑顔で答えてくれました。
他の地域などに例えながら、わかりやすく女将のイメージを伺うことができ
湯西川温泉を想う気持ちをたくさん知ることができました。

アピールポイント

▲ 17畳ツインの『時子の部屋』
  テレビ横に飾られている着物は、100年以上の歴史がある品を
  女将のお姉さまより寄贈されたとのこと。
  どのお部屋も雰囲気が異なり、
  すべてのお部屋に宿泊したくなります。

▼ 詳しいお部屋のご案内は以下公式ホームページをご参照ください。

~公式ホームページ~
http://kiyomori.net/

湯西川温泉 大人の宿 湯乃宿 清盛
〒321-2601 栃木県日光市湯西川980
TEL:0288-98-0500


-コーディネーター紹介-

今回、湯乃宿 清盛を見学させていただき、まず全5室のお部屋に驚きました。 スタンダードの客室でも12畳という広々とした空間は、 のんびりと過ごすことができます。 夕食以降~翌朝5時までは、 なんとすべての温泉を貸し切り可能。 源泉かけ流しの温泉をゆっくり堪能できるのも 大人の愉しみ方ですね。 そしてチェックイン前でもお部屋の用意が整っていれば 気兼ねなくお客さまをお出迎えし、お部屋にお通しする そんな心遣いも女将ならではだと感じました。 都会の喧騒から離れ、ゆったりと過ごす温泉旅館として ぜひ女将に会いにきていただきたいです。

ID35 栃木県日光市栗山

くらもち みふ

倉持 みふ

2016年から日光市栗山 地域おこし協力隊として活動。/ 出身地:千葉県柏市 。/ 旅行関係の専門学校を卒業後、旅行会社に就職。販売職を経て、日光市栗山に移住。